肘の痛み。

肘が痛い女性が来院されました。

特に覚えはないとのことです。

肘そのものに大きな以上はありませんでした。

夏の疲れもあるとみて、内臓を調べたところ、

腎臓を刺激したときに肘に痛みが出ました。

腎臓の疲れが背骨を曲げ、

肩や肩甲骨の動きに制限をかけて、肘にも

影響を与えていました。

内臓治療で痛みが良くなった臨床でした。

膝・股関節・肘の痛みについて詳しくはこちら

膝・股関節・肘の痛み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加