足底腱膜炎

横浜 足底腱膜炎

横浜 足底腱膜炎

横浜駅の近くで整体を探されている方へ

足底腱膜炎を起こす原因

足底腱膜炎(足底筋膜炎)は主に

土踏まずのアーチが低くなることで、足底腱膜が

伸びて、かかとの付着部が引っ張られ続けることで発症します。

ひどいと、骨棘といってかかとに棘が出たようになり、

炎症が起きてとても痛くなります。

病院での対処法

一般的な対処法には次のようなものがあります。

  • 外用剤の使用
  • ストレッチ
  • ひどい場合は手術

ではなぜこのように対処しても

足底腱膜炎はなかなか良くならないのでしょうか?

なぜなら、体の歪みが原因だからです!

当院が考える足底腱膜炎の原因

体の歪み

重心のズレ

横浜整体院では、背骨、骨盤、手、足、などを調整することで、

重心を変えて、足底腱膜炎の原因となる負担を減らします。

特に足首や足の関節の歪みが重要です。

歩き方や昔のけがなどで、足が歪んでいると、

足底腱膜に大きな負担がかかります。

そのため問診や、検査も丁寧に行い、

皆さんと一緒に改善していきます。

 

丁寧に細かいところまで、問診します。

まずは問診が重要です。

生活の癖や、ケガ、病歴など、

様々な要因で症状は出ます。

関係ないことと思われることを

伺うこともあります。

姿勢や重心を診るため、全身をチェックします。

腰痛や肩こりといっても、

症状があるところが原因とは限りません。

痛い所だけを、一生懸命緩めるという

単純な整体はしません。

姿勢から重心のズレをみて、

どこに負担がかかっているかを見つけます。

 

骨格だけでなく、手足や内臓・頭蓋骨も調整します。

症状は体の歪みからきますが、

骨格の調整だけでは、足りないことも

あります。

土台である、足首や足の関節、

肩や首につながる手首や手の関節も

重要です。

ストレスや食生活で自律神経が乱れている

時などは、内臓や頭蓋骨の調整も必要と

なります

頭蓋骨の調整はどこでも行っている

わけではないので、好評をいただいています。

 

横浜駅、平沼橋駅から徒歩6分

どちらの駅からも、徒歩6分ほどの

立地です。

お仕事帰りに横浜駅で乗り換える際も

お越しになりやすい場所にあります。

予約優先です。

予約優先ですので、ながくお待ちいただく

必要がありません。

もちろん当日の予約も大歓迎です。

21時まで営業。

お仕事帰りに来ていただけるよう

21時まで営業しています。

(20時最終受付)

ご近所の方やお仕事で遅い方のために

時間外も受け付けていますので、

ご相談ください。

始めまして。

横浜整体院代表の藤井です。

この世界に入って14年が経ちました。

業界に入ったきっかけは、サラリーマン時代に

重いものをもって、腰を痛めてからです。

じっとしていられない腰痛、足がつけないほどの

坐骨神経痛に悩まされ、整形外科に二年通っても

良くなりませんでした。

そんな時に滞在していたオーストラリアで

カイロプラクティックに出会いました。

現在は痛みもなくなり、快適に生活できるように

なっています。

私のように、苦しむ方が、少しでも減るよう

日々施術しております。

元気に仕事、勉強、遊び、旅行などを

思いっきり出来るようになりたい、あなたを

心よりお待ちしております。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加